悠久の歴史に育まれた
大いなる遺産に魅せられる。

南会津地方は江戸時代は御蔵入(幕府の領地)であり、「日本の原風景」ともいうべき豊かな自然環境のなかに、先入たちの遺産が点在しています。いずれも煌びやかではないが、人々の現代の伝わる素朴な魅力にあふれています。