会津鉄道マウントエクスプレス 新型車両が運行開始


会津鉄道(会津若松市、大石直社長)が会津若松―鬼怒川温泉間で運行する快速列車「AIZUマウントエクスプレス」の新型車両が30日、デビューしました。新旧車両交代セレモニーが同日、南会津町の会津田島駅構内で行われました。

大石社長が式辞を述べ、役割を終えた旧型車両に感謝するとともに、新型車両の利用促進に期待を寄せた。旧型から新型への乗り換えでは、同社や沿線自治体の代表らがくす玉を割り、新型車両の運行開始を祝いました。

一日駅長の細井淳一朗ちゃん(2)が新型車両の出発合図を行ったほか、地元の田島太鼓クラブ龍巳会出発に合わせ勇壮な太鼓演奏を披露し構内は賑わいました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です