ヶ岳ななつがたけ  太郎と次郎の双耳峰

1635m  

南会津町の南西に位置する七ヶ岳は、国道121号線沿いから眺めると、その名のとおりいくつものピークが連なって見える山だ。重量感にあふれ、力強い山容を誇り、ここでは往復路とも沢歩きを堪能できる羽塩~針生コースを紹介します。

総鉱山跡に往時の繁栄を偲ぶ…

荒海山は、野岩鉄道会津高原駅から南西に約8キロ、福島県南会津町と、栃木県藤原町との境に位置しています。登山道は、かつては栃木県側の芹沢銅山跡からもあったが今は踏跡もなく、現在は福島県側に八総鉱山跡からのしっかりした登山道が利用されています。八総鉱山跡へは会津高原駅から5.5キロ、標高830mの地点にあり、ここまではタクシーを利用できます。なお、マイカー利用の場合もここまで入れます。

本海と太平洋に水を分ける頂…

荒海山山頂(1581m)は東西二つの峰に分かれており、西峰が太郎岳、すぐ近くに丸みを帯びて見える東峰が次郎岳と呼ばれている。

交   通 会津鉄道七ケ岳登山口下車。タクシー利用の場合は、会津鉄道会津田島駅から喜四郎小屋まで(20分)
お問合せ先 会津鉄道本社(0242)28-5885
会陽タクシー(0241)62-0074
田島タクシー(0241)62-1130
歩行時間 7時間
コースタイム 七ヶ岳登山口駅(→100分 90分←)羽塩登山口(→30分 20分←)平滑沢取付(→60分 45分←)尾根道出合(→60分 40分←)七ケ岳(→20分 30分←)黒森沢上部出合(→40分 50分←)赤い矢印の標識(→50分 60分←)護摩滝登山口(→60分 70分←)青少年旅行村前バス停
登山適期  5月中旬~10月中旬。10月下旬から稜線には積雪があるので要注意。また沢のコースなので、5月初旬まで雪崩の危険がある。なお、梅雨や台風などの増水時は入山を避けたほうがよい
地 形 図  糸沢・針生
照   会 南会津町観光商工課(0241)62-6200
アドバイス マイカーなら登山口まで入れる。タクシーは喜三郎小屋までしか入らないが、林道の状態がよい時は登山口まで入ってくれる。七ヶ岳登山口駅から登山口までは約9キロあるので、時間を考えて計画を立てられたい