山岳・高原

南会津町(舘岩村・伊南村・南郷村)

海山あらかいさん(太郎岳)

標高 1587m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 福島・栃木の県境に連なる山の一つ。熟練者登山向き。
所要時間 約4時間
山開きシーズン 5月中旬~11月上旬
登山口およびそこまでの交通ガイド 旧八総鉱山口・会津鬼怒川線会津高原駅から徒歩30分
お問い合わせ先TEL/FAX 南会津町観光物産協会(0241)62-3000/FAX(0241)62-2910

 

ヶ岳ななつがたけ

標高  1636m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 7つの峰と岩場を持ち、沢のぼり、滝のぼり、縦走(4㎞)と変化に富んだコースが選べる。登山口は、針生黒森口のほか、野外活動センターからの古今口と会津鬼怒川線七ヶ岳登山口駅から羽塩口がある。
所要時間 約3時間
山開きシーズン  6月第1日曜日~11月上旬
登山口およびそこまでの交通ガイド 針生黒森口・会津線会津田島駅から針生行バス25分青少年旅行村前下車、徒歩2時間
お問い合わせ先TEL/FAX 南会津町観光物産協会(0241)62-3000/FAX(0241)62-2910

釈山たいしゃくざん

標高 2060m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 帝釈山系の主峰。湯ノ花温泉から田代山を経て稜線伝いに山頂に達する。
所要時間 約3時間
山開きシーズン 6月上旬~10月下旬
登山口およびそこまでの交通ガイド 会津鬼怒川線会津高原駅からバス40分、湯ノ花温泉から車と徒歩で3時間
お問い合わせ先TEL/FAX 南会津町観光物産協会舘岩観光センター(0241)64-5677

代山たしろやま 

標高 1926m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 帝釈山の東に位置し、山頂に広々とした湿原を持つ。タテヤマリンドウ、ヒメシャクナゲ、ニッコウキスゲ、ワタスゲ等を見ることができる。
所要時間 3時間
山開きシーズン 6月第2日曜日
登山口およびそこまでの交通ガイド 木賊温泉登山口・木賊温泉から衣地区まで2.5㎞、川衣地区から登山口まで3㎞
お問い合わせ先TEL/FAX 南会津町観光物産協会舘岩観光センター(0241)64-5677

津高原あいづこうげんたかつえ

標高 1000m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 広大な白樺牧場を中心に高原が広がる。冬はスキー場に。七ッ岳にも近い。
所要時間 40分
山開きシーズン 6月第2日曜日
登山口およびそこまでの交通ガイド 会津鬼怒川線会津高原駅からバス
お問い合わせ先TEL/FAX 南会津町観光物産協会舘岩観光センター(0241)64-5677

明山まどあけやま

標高 1842m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 幽寂な原生林、稜線上に点在する湿原と高山植物の群生、屋根からの会津の山々の眺めは最高。
所要時間 4時間
山開きシーズン
登山口およびそこまでの交通ガイド 会津鬼怒川線会津高原駅からバス1時間15分小豆温泉登山口下車
お問い合わせ先TEL/FAX 南会津町観光物産協会(0241)62-3000/FAX(0241)62-2910

ッ岩岳みついわだけ

標高  2065m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 幽寂な原生林、稜線上に点在する湿原と高山植物の群生、屋根からの会津の山々の眺めは最高。
所要時間 3時間30分
山開きシーズン 6月下旬
登山口およびそこまでの交通ガイド 会津鬼怒川線会津高原駅からバス1時間15分小豆温泉登山口下車
お問い合わせ先TEL/FAX 南会津町観光物産協会(0241)62-3000/FAX(0241)62-2910

倉山からくらやま

標高  1176m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 険しい山々で被われ山腹に数本の石柱がある。修験者の修行の場で伝説の山でもある。
所要時間 6時間
山開きシーズン 5月下旬~11月上旬
登山口およびそこまでの交通ガイド 木伏登山口・会津線会津田島駅からバス1時間、青仰入口下車
お問い合わせ先TEL/FAX 南会津町観光物産協会(0241)62-3000/FAX(0241)62-2910

岩山くろいわやま

標高 1130m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 100mの切り立った岩場にロッククライミングで挑戦しては。
所要時間 3時間
山開きシーズン  積雪時以外
登山口およびそこまでの交通ガイド 台板橋登山口・会津線会津田島駅から会津山口経由バス山口下車、乗換只見行伊南川屋前下車、徒歩4時間
お問い合わせ先TEL/FAX 南会津町観光物産協会(0241)62-3000/FAX(0241)62-2910

下郷町

野嶽おのだけ

標高  1383m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 会津盆地一帯が展望でき、家族向きの山。
所要時間 3時間
山開きシーズン 5月最終日曜日 春~秋
登山口およびそこまでの交通ガイド 大内宿登山口・会津線湯之上駅から車15分
お問い合わせ先TEL/FAX 下郷町事業課産業振興班商工観光係(0241)69-1144/FAX(0241)69-1167

なかやま

標高 855m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 山の中腹にかけて、風穴が散在し、真夏でも風穴地の地表面では10℃前後、地下1mごとに1℃ずつ下がる冷風作用がある。山頂からは大川ラインを見下ろす。
所要時間 約1時間
山開きシーズン 通年4月~5月は高山植物が美しい。
登山口およびそこまでの交通ガイド 会津線塔のへつり駅から徒歩3分
お問い合わせ先TEL/FAX 下郷町事業課産業振興班商工観光係(0241)69-1144/FAX(0241)69-1167

本槍岳さんやりだけ

標高 1917m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 那須5岳の一つ。頂上付近には五葉松やシャクナゲが群生している。<西郷村>
所要時間 5時間
山開きシーズン
登山口およびそこまでの交通ガイド 落合登山口・会津線養鱒公園駅から車1時間更に徒歩3時間
お問い合わせ先TEL/FAX 下郷町事業課産業振興班商工観光係(0241)69-1144/FAX(0241)69-1167

只見町

津朝日岳あいづあさひだけ

標高 1624m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 田子倉湖南東にあり男性的な山といわれている。中級以上のアルピニスト向き。
所要時間 4時間
山開きシーズン 6月第2日曜日
登山口およびそこまでの交通ガイド 赤倉沢登山道入口JR只見線只見駅から車30分
お問い合わせ先TEL/FAX 只見町観光まちづくり協会(0241)82-5250/FAX(0241)82-5810

草岳あさくさだけ

標高 1586m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 田子倉湖北方にそびえる新潟県境の山。山頂は草原を広げ、池塘も見られる。
所要時間 3時間30分
山開きシーズン 7月第4日曜日(山祭り)
登山口およびそこまでの交通ガイド JR只見線田子倉駅から徒歩5分
お問い合わせ先TEL/FAX 只見町観光まちづくり協会(0241)82-5250/FAX(0241)82-5810

面山おにがつらやま

標高 1465m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 浅草岳につらなる峻厳な山。夏山のロッククライミングコースとして人気がある。
所要時間 3時間30分
山開きシーズン 5月~11月
登山口およびそこまでの交通ガイド 六十里峠登山道入口・JR只見線只見駅から車30分
お問い合わせ先TEL/FAX 只見町観光まちづくり協会(0241)82-5250/FAX(0241)82-5810

生岳がもうだけ

標 高 828m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 会津のマッターホルン。360度パノラマ展望のハイキング登山向き。
所要時間 1時間30分
山開きシーズン 6月~10月
登山口およびそこまでの交通ガイド JR只見線蒲生駅裏から登山
お問い合わせ先TEL/FAX 只見町観光まちづくり協会(0241)82-5250/FAX(0241)82-5810

檜枝岐村

津駒ヶ岳あいづこまがたけ

標高 2133m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 平坦な尾根と山頂に大小の湿原をもつなだらかな草山。越後三山の展望がよい。
所要時間 3時間30分
山開きシーズン 5月第3日曜日
登山口およびそこまでの交通ガイド 滝沢登山口・会津鬼怒川線会津高原駅から会津バス1時間30分滝沢登山口下車
お問い合わせ先TEL/FAX 尾瀬檜枝岐温泉観光協会(0241)75-2432/FAX(0241)75-8010

ヶ岳ひうちがたけ

標高 2356m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 尾瀬沼の北方にそびえる会津随一の展望をもつ山。高山植物や原生林が見られる。
所要時間 4時間
山開きシーズン 6月上旬~10月中旬
登山口およびそこまでの交通ガイド 尾瀬御池・会津鬼怒川線会津高原駅からバス2時間尾瀬御池下車
お問い合わせ先TEL/FAX 尾瀬檜枝岐温泉観光協会(0241)75-2432/FAX(0241)75-8010

田代うわだしろ

標高 1600m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 燧ヶ岳北方のなだらかな湿原で池塘が点在し、数多くの植物が群生。夏期のキンコウの群生がすばらしい。
所要時間 1時間
山開きシーズン 5月中旬~10月中旬
登山口およびそこまでの交通ガイド 滝沢登山口・会津田島駅からバス2時間尾瀬御池下車
お問い合わせ先TEL/FAX 尾瀬檜枝岐温泉観光協会(0241)75-2432/FAX(0241)75-8010

瀬ケ原おぜがはら

標高 1500m
特記ガイド(環境的特徴・登山コース・展望・登山難易度など) 日本屈指の湿原。池塘が点在し水芭蕉など寒帯性の湿原植物の宝庫。環境保護のため木道を歩く。
所要時間 4時間
山開きシーズン 5月中旬~10月中旬
登山口およびそこまでの交通カガイド 尾瀬御池・会津鬼怒川線会津高原駅から会津バス2時間尾瀬御池下車
お問い合わせ先TEL/FAX 尾瀬檜枝岐温泉観光協会(0241)75-2432/FAX(0241)75-8010